AKIMA&NEOS/Multi Tube Direct Injector Mod【在庫あり】現場で噂が噂を呼び、数々のアーティスト達のD.I.として選定される1台。
特に国内のアーティストでこのDIを使用しているユーザーが最近非常に増えて来ています。

真空管の酸いも甘いも知り尽くした「アンプの魔術師」アキマ・ツネオ氏が手がける真空管式のDIは、
氏のライブイメージのバイオレンスなサウンドではなく、音楽的かつ豊かな鳴りを与えてくれる普遍的な1台。

通常モデルの場合バランスアウトかアンバランスアウトどちらか一方を使うことを想定して製作されています。
しかし、現場のアーティストが使用する場合バランス/アンバランス両方にアウトすることが多く、その際に起こる音量の減衰をなんとかしてほしいとの声が多かったそう。
そこで本機のModではバランス/アンバランス両方同時使用で起こる音量の減衰を克服した仕様を実現しています。
これによりチューブDIを通した極上サウンドをPA卓とベースアンプに同時に送ることができ、ライブでの使用に非常にマッチした仕様となっています。


商品解説

12AX7 x 2本の真空管駆動の他は、極めて一般的なプリアンプ/DIスタイル。
モダンなバキバキのドンシャリ系DIには決して不可能な、アナログな奥行きや全帯域の自然な押し出しを付与してくれます。

Volを上げると真空管サチュレーションがやってきますが、「ディストーション」では無いです。
あくまでチューブゲインを自然にかけるだけで、下の帯域が削がれていったり、高調波が強調されていくこともありません。
3バンドEQもパッシブな効き感で、音像が欠けることがないリニアなカーブ。

アウトプットはバランス/アンバランスのDI OUTとスルー・アウト。
音の出方が非常に優秀で、どんなにフラットなセッティングでもDI OUTの方が優秀に感じてしまうので、
スルーはよっぽどの理由が無ければ使うことは無いでしょう。
また、アンバランス・アウトは余計なトランスを通るため、一般的にはバランスアウトの方が生々しく、
そちらを好むベーシストも少なくありません。

しかし、本機はバランス・アンバランスそれぞれのアウトに意味付けを感じます。
そのまま卓に行くであろうバランスアウトには、スピーカーの鳴りに似た押し出しと音の飛びがあり、
そっけないライン出力とは訳が違います。
アンプに行かせるアンバランスアウトはトランスの成分が入る前のフラットな傾向とほどよい隙間があり、
そこにアンプの増幅が絡み付き、ステージ上でトータルで完成されることを計算されているかのようです。

アキマ氏は自信の楽曲のミックスでほぼ全てのソースに通すとのことですが、それも納得のクオリティ。
極めて自然且つ通すと音楽的な鳴りが引き出させるので、ソースを選ばずに使用できます。

ルックスのインパクトに騙されがちですが、21(W) x 13(D) x 15(H) / 2.46kgと意外とコンパクト。
小型アンプを買うくらいなら、正直言ってこちらの方がオススメです。

ぜひ一度お試しを。

 

数々のアーティストに絶対的支持を誇るDI。バランス/アンバランスアウトを同時使用可能にしたModバージョンが入荷しました!

AKIMA&NEOS/Multi Tube Direct Injector Mod【在庫あり】:宮地楽器 ミュージックオンライン - d4b2b



アスパラガス

のアスパラ
アスパラガスの1年
アスパラ豆知識


市田柿

市田柿とは
市田柿の1年


天日干しはざかけ米

天日干しはざかけ米について

農園紹介

について
家族紹介

ご注文・

ご注文
アスパラガス
天日干しハザかけ米
市田柿

送料について



特定商取引法に基づく表示

のブログです↓

ほろさん農園のブログ

カートを見る

2019-09-03
カテゴリトップ>エフェクター>ベース用エフェクター
価格
144,000円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
在庫あり/即納可
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く